SOLD OUT
販売終了
会員間取引(β版)をお待ちください

OWNER TICKET

オーナー権

森洋史

Marilyn Monroe × Andy Warhol × Famicom #4

オーナー権単価 10,000 / 1枠
オーナー権総額 ¥2,400,000

販売終了しました

販売再開時に通知を受け取れます。

オーナー限定の優待の詳細はこちら

Information 作品情報

受付期間(※完売次第終了)
2020年6月10日~
サイズ
91.0× 91.0 × 3.0cm
制作年
2020年秋予定(オーナー権完売次第、受注制作開始)
エディション
一点物
素材
アクリル絵具、ウレタン塗装、銀鏡塗装、UV シルクスクリーン印刷、木製パネル

ドット絵を彷彿とさせる名画とサブカルチャーのリミックス。時代を超えて愛されるモチーフのコラボレーション

森洋史作品の中で特に人気が高いとされているPortraitsシリーズはアンディ・ウォーホルが描く肖像画が題材となっている。本作はウォーホル作品の代表モチーフであるマリリン・モンローをチョイス。
目を凝らしてみるとマリリン・モンローの周りには日本を代表する人気キャラクター『ドラえもん』が隠れていることがわかります。制作年にあたる2020年の「2020」という数字や見え隠れするキーワードは、聞いたことのあるひみつ道具の名前や未来への思いを馳せた作家からのメッセージ。本作の魅力は銀鏡塗装やウレタン塗装といった独自の技法の組み合わせによる凹凸の立体感の演出という森作品の特徴を捉えながら、【マリリン・モンローxドラえもん】という時代を超えて愛される続ける2つのモチーフのコラボレーションを通じた未来への期待を感じさせる一作。

Artist アーティスト情報

森洋史

Hiroshi Mori

⽇本の古典美術・ポップアート等の美術史上の名画と、アニメやゲームから引⽤したイメージをリミックスして、独自の技法で素材を操るアップカミングアーティスト

1977年生まれ。2013年東京藝術大学大学院美術研究科油画技法・材料修士課程を修了。ポップアート等の美術史上の名画と、アニメやゲームから引⽤したイメージをリミックスした作品を制作。アニメ調に描かれたキッチュなイメージや、レトロゲームのドット絵を彷彿とさせるイメージの数々は、最新の⼯業テクノロジーを⽤いた独⾃の技法を駆使して制作され、緻密さと⾼い精度によって、特有の質感を持つ作品へと仕上げられます。
誰もが知っている名画など既存のイメージを作品に取り入れ大胆に変換させるシミュレーションアートやアプロプリエーションアートのコンテクストを引用し、鑑賞者が既視感を覚えるとともに、共感や反感など某かの化学反応を起こすことを狙いとしている。1980年代に起こったポップアートのシミュレーション作品を中心に新作を展開した個展「MOSHA」(2020年4-5月に銀座 蔦屋書店にて開催)は、盛況に幕を閉じた。

Market data 市場情報

Data 市場データ

【オークション落札情報】は
会員のみ閲覧できます。

直近の落札額推移を参考に作品をお選び頂けます。

本サービス内の画像・文章を含めたすべてを営利目的または私的利用含め、使用方法を問わず利用する行為を禁止します。