SECONDARY
会員間取引(β版)

OWNER TICKET

オーナー権

KAWS

NO REPLY

最高成立価格 ¥13,000 / 1枠
平均成立価格 ¥10,013 / 1枠
推奨価格

実際のアート市況に沿って、初回販売時価格である10,000円前後の取引を推奨しています。

¥10,000-12,000 / 1枠
総枠数 1,700
※会員間取引機能はβ版のテスト運用中
売買に関する詳細はこちら

Information 作品情報

受付期間(※完売次第終了)
サイズ
h.88.9cm w. 58.5cm
制作年
2015
エディション
20 / 100
素材
スクリーンプリント

世界的人気を誇るストリートアーティストKAWSの10枚組

「××」マークを施したポップなキャラクターを10枚1組で表現したKAWSの象徴的な作品の一つ。
フィギュアやコラボ商品は広く知れ渡り始めているKAWS作品だが、世界100組限定で製作されているプリント作品を堪能できるのが本作の魅力。
10枚すべての裏にKAWSのサインと日付の記入あり。特製BOX内での作品の保存状態も非常に良い一作。

NO REPLYは直近のオークションにおいて、予想価格を大幅に上回り落札されている。
2017年の平均落札価格は約3万ドルであったのに対し、2018年は9万ドルを超えるなどわずか1年間で落札価格が約3倍の値上がりで推移しており、アーティストとしての人気と連動して作品の評価も上がってきていることがうかがえる。

インタビュー映像。

Artist アーティスト情報

出典元:https://www.widewalls.ch/

KAWS

カウズ

ファッション×アートを融合させた現代アートの代表的存在

1990年代にニューヨークのビルボード広告や公衆電話ボックスにしたストリートアートで有名になり、ペインティング、ドローイング、彫像だけでなくプロダクトデザインまで手がけるアメリカ出身のグラフィティ・アーティスト。
ビビットな色使いとポップなキャラクターの目に「××」マークを施した作風が特徴で、様々な既存のアニメキャラクターをモチーフにした作品も多数存在し、アート業界のみならず幅広く認知されている。また「Dior」「Supreme」「Nike」「A BATHING APE®」などのアパレルブランドとのコラボや、「Kanye West」などのミュージシャンのカバーアートの実施までその活動範囲は多岐にわたり、2019年6月に発売されたUNIQLOとのコラボではオンライン販売が即完売し、確保できなかった人たちが店頭に押し寄せ暴動になるなど、社会現象となったのは記憶に新しい。
2021年7月には森アーツセンターギャラリーで日本初のKAWS大型展覧会「KAWS TOKYO FIRST」が開催されるなど日本での人気も高まっている。

出典元:https://www.widewalls.ch/

Media メディア

Market data 市場情報

Data 市場データ

【オークション落札情報】は
会員のみ閲覧できます。

直近の落札額推移を参考に作品をお選び頂けます。

本サービス内の画像・文章を含めたすべてを営利目的または私的利用含め、使用方法を問わず利用する行為を禁止します。