名和晃平

Kohei Nawa

Throne(g/p_pyramid)

Secondary

公開時の総額 26,000,000
10,000円×2,600枠
最新のサービス内
成立金額/枠
10,800
+800円 (+8.0%)

名和晃平

Kohei Nawa

Throne(g/p_pyramid)

Secondary

公開時の総額 26,000,000
10,000円×2,600枠
最新のサービス内
成立金額/枠
10,800
+800円 (+8.0%)
ANDART内での各作品の1枠あたりの最新オーナー権成立価格です。また損益は作品公開時のオーナー権価格からの損益を算出しています
該当作品のおおよそのマーケット時価を算出することを目的に、同一または参考となりうる類似作品の一番新しいオークション落札価格をもとにANDARTの販売枠数で割った1枠あたり単価を算出しています。マーケット価格は、ANDART社が作品サイズやモチーフなどを参考に独自で選定・分析しており、市況の変化により定義が変更となる可能性がございます。また損益は作品公開時のオーナー権価格からの損益を算出しています

価格推移TRENDS

ログインをするとすべてのデータがご覧いただけます

すべてのデータを見るにはログイン、または無料会員登録が必要です

最高成立価格/枠 11,000
+1,000円 (+10.0%)
最低成立価格/枠 6,000
-4,000円 (-40.0%)
平均成立価格/枠 9,257
-743円 (-7.4%)

最新の成立履歴

成立日 枠数 単価
08/06 17:47 1枠 10,800円
07/16 10:11 1枠 10,000円
07/12 14:15 1枠 10,000円
06/10 13:31 1枠 10,400円
05/22 17:29 1枠 10,000円

ログインをするとすべてのデータがご覧いただけます

すべてのデータを見るにはログイン、または無料会員登録が必要です

最高落札価格/枠 -
-円 (-%)
最低落札価格/枠 -
-円 (-%)
平均落札価格/枠 -
-円 (-%)

参考オークション履歴

過去の類似作品のオークションレコードです

落札日 作品名 落札価格

作品情報DETAILS

オーナー限定の優待の詳細はこちら
制作年
2019
エディション
Ed.10
サイズ
155.2 × 72.6 × 49.5cm
素材
ミクストメディア
来歴
CCCアートラボ株式会社
特記事項

作家所属スタジオ発行、本人サインつき真贋証明書あり

日本人初のルーブル美術館ピラミッド内展示作、名和晃平の最新シリーズ

■作品概要
2018年、日本人で初めてルーブル美術館内ガラスピラミッドで展示された空位の玉座【 throne 】。ルーブル美術館で展示された作品は10メートルを超える大作として展示されたが、今回はeditionとして高さ1.5mサイズを世界で10点限定で制作決定。そのうち、Edition 2をAND ARTで受注予約、成立次第の制作開始を予定。
ピラミッドがそうであるように、古代から連綿と続く「権力」や「権威」が遺してきたものは 一体何か。そして、未来はどうなるのか。
東洋の神事・祭事に登場する「山車」や「御輿」などの 造形を参照しつつ、最新の3D造形システムと紀元前にエジプトで始まったと言われる金箔貼りの技法を融合させて彫刻化された、未来に残る大作。

■Throneとは
グローバリゼーションが広がる現代では、多様性が社会の変化と発展に不可欠な要素となり、 曾ての王権や王政のように多くの人々がひとつの絶対的な価値や原理に染まることは稀になった。しかし、コンピュータや人工知能が加速度的に進化を遂げ、絶対的な知性を誇るようになる時、 私たちの社会全体、ひいては国家さえも、それに盲従してしまうのではないか。そのような予感を浮遊する空位の玉座(throne)として表現した。ピラミッドがそうであるように、古代から連綿と続く「権力」や「権威」が遺してきたものは 一体何か。そして、未来はどうなるのか。東洋の神事・祭事に登場する「山車」や「御輿」などの 造形を参照しつつ、最新の3D造形システムと紀元前にエジプトで始まったと言われる金箔貼りの技法を融合させて彫刻化した。正面中央部には2~3 歳の子供がやっと座れるほどのスペースが設けられ、新しい知性はまだ幼い状態であることが示唆される。また、前面と背面の中央にはそれぞれひとつずつ、鏡面状に輝く球体が配されている。このプラチナ箔製の球体は「世界を見据える目」であり、正面は現在や未来を、背面は過去を見据えている。これはイオ・ミン・ペイ氏設計のピラミッドとルーブル美術館の建築にも関係している。

アーティスト情報ARTIST

名和晃平

Kohei Nawa

彫刻家/SANDWICH Inc.主宰/京都造形芸術大学教授
1975年生まれ。京都を拠点に活動。2003年京都市立芸術大学大学院美術研究科博士課程彫刻専攻修了。2009年、京都に創作のためのプラットフォーム「SANDWICH」を立ち上げる。2011年東京都現代美術館で個展「名和晃平 -シンセシス」開催。2018年フランスのルーヴル美術館・ピラミッド内に巨大彫刻作品“Throne”を展示。独自の「PixCell」という概念を軸に、ビーズ、発泡ポリウレタン、シリコーンオイルなど様々な素材とテクノロジーを駆使し、彫刻の新たな可能性を拡げている。 近年は建築や舞台のプロジェクトにも取り組み、空間とアートを同時に生み出している。

出品者が手元に残している所有権を除いた出品パーセンテージです。
ANDART内での各作品の1枠あたりの最高オーナー権成立価格です。また損益は作品公開時のオーナー権価格からの損益を算出しています。
ANDART内での各作品の1枠あたりの最低オーナー権成立価格です。また損益は作品公開時のオーナー権価格からの損益を算出しています。
ANDART内での各作品の1枠あたりの平均オーナー権成立価格です。また損益は作品公開時のオーナー権価格からの損益を算出しています。
同一または参考となりうる類似作品の過去10年間における最も高いオークション落札価格をANDARTの販売枠数で割った1枠あたり単価を算出しています。
同一または参考となりうる類似作品の過去10年間における最も低いオークション落札価格をANDARTの販売枠数で割った1枠あたり単価を算出しています。
同一または参考となりうる類似作品の過去10年間におけるすべてのオークション落札価格の平均価格をANDARTの販売枠数で割った1枠あたり単価を算出しています。